まっちゃろぐ

自作PC、周辺機器、家電製品など買ってみた感想や気になることなど色々

スポンサーリンク
2019.02.14

パナソニックの掃除機の純正紙パックをワンランク下のものにしてみたら…


我が家ではパナソニックの何年も前のモデルの掃除機、MC-PK13Gを使っているのですが、
いままでパナソニック純正の紙パックの3種類あるうち、一番高いものを使っていました。

純正紙パックの型番としては以下になります。
(使用している掃除機に対応しているかどうかはパナソニックの公式Webサイト等でご確認ください)

・AMC-HC12(AMC-HC11同等品) 3枚入り (高集じん・消臭&銀イオン抗菌加工あり・シャッター付(逃がさんパック)) 希望小売価格1,200円+税
・AMC-NC6(AMC-NC5同等品) 5枚入り (銀イオン抗菌&防臭加工あり・シャッター付) 希望小売価格1,200円+税
・AMC-S5 5枚入り (防臭加工なし) 希望小売価格700円+税

いままで使っていたものがAMC-HC12(AMC-HC11)で、上記の価格はメーカー希望小売価格なので実際はもう少し安いです。
今回、節約のために同じぐらいの価格で5枚入りのワンランク下のAMC-NC6を初めて買ってみました。

最安のAMC-S5に関してはゴミ捨て時に便利なシャッターが付いていないので検討せず。

ヨドバシ.comで購入したので、届いてみて初めて気付きましたが、
AMC-HC12とAMC-NC6は見た目から全然違いました。

包装の袋もAMC-NC6のほうが枚数が多いにも関わらず、半分ぐらいのサイズ。

AMC-HC12は紙パックというよりは布のような素材で、価格が高いだけあってかなりしっかりしたものです。
一方、AMC-NC6のほうは普通の紙パックという感じで素材もよくある丈夫な紙という感じ。

正直、AMC-NC6を買う前はそんなに大差ないのかと思って、注文しましたが、
見た目も素材(?)も価格差なり、もしくはそれ以上の違いがありました。

実際に紙パックとしての性能(高集じんや消臭など)に差があるかどうかは見てわかるものではないので、
なんとも言えませんが、次に補充するときにどちらを買うかは迷うことになりそうです。
もちろん、余裕があればAMC-HC12を選ぶのが間違いないとは思います。

なお購入先についてはAmazonではレビューを見るとマーケットプレイスで商品状態のよくないものが販売されているようなので、
販売者などをよく確認してから購入することをおすすめします。


トップページに戻る
スポンサーリンク