まっちゃろぐ

自作PC、周辺機器、家電製品など買ってみた感想や気になることなど色々

スポンサーリンク
2020.10.18

アルインコのランニングマシン1016(AFR1016)を買って使って気になったところをレビュー


約1か月前にアルインコのランニングマシン(ルームランナー)を買いました。
型番はAFR1016でタイムセールのタイミングで買ったので、公式通販のありんこ屋で税込61800円でした。
納期に1か月弱かかったので、注文したのは約2か月弱前になります。

実際に買って使ってみて、主に気になった点を書いていきたいと思います。

まず購入時に別売のマット(型番EXP150)の同時注文を勧められますが、
このマットはほぼ必須と考えて問題ないです。
本体付属の床面の傷防止マットはかなり薄くて本当におまけ程度です。

ランニングマシン本体の開梱及び設置に関してですが、とにかく重いので男性二人で作業するのが無難です。
自分の場合は母と二人で運ぼうとしましたが、母は片側を持ち上げることも無理でした。
設置場所への移動距離が短かったので、自分一人でなんとかしましたが、
女性二人などではかなり厳しいかと思います。
不安であれば有料でも設置サービスなどを利用したほうが良いです。

ランニングマシンなので走るスピードまで速くできますが、
自分の場合はウォーキング目的なので、時速~4kmぐらいで使ってみた感想になります。

基本的な機能であるベルトの回転に関しては特に問題なく、
耐荷重100kgに対して自分は80kgありますが、問題なく動きます。

このモデルは下位モデルと比較して、走行ベルトの大きさが一回り大きいのですが、
設置場所等に問題がなければ、走行ベルトが大きいほうが使いやすく安全かと思います。
当たり前ですが、運転中に足が止まったり遅れたり、踏み外したりすると、転んでしまい怪我をする可能性が高いです。
1か月使っているので、だいぶ慣れてはいますが、ウォーキングの速度でも少し不安を感じる面もあります。

本体は頑丈なつくりではありますが、質感は特に良いわけでもないので、高級感的なものはほぼ無いです。

操作に関しては、まず操作音が大きいです。
音声での案内はオンオフがありますが、電源を切ると設定がリセットされるので、
毎回、音声案内をオフにしたり、運動時間の設定をし直したりする必要があります。

ベルトの動作音は比較的静かだと思いますが、歩き始めればそれなりに音がするので、
夜などの静かな時間帯に集合住宅で使うのはちょっと厳しそう。
一軒家でも夜中は厳しいと思います(自分は使う気にはなりません)

それから持ち手のところに心拍センサーが一応付いてはいますが、ほとんど意味がない精度だと思います。
心拍センサーのある部分を握っていても、反応しないことがよくありますし、
数値的にも、心拍を正確に把握したい場合は他の機器などを利用したほうが無難です。

という感じで、基本的な部分のベルトの動きに関しては満足していて問題なく運動ができていますが、
機能面では粗削りというか、必要最低限といった感じなので、不満があるという感じでした。

アルインコ AFR1016


トップページに戻る
スポンサーリンク