まっちゃろぐ

自作PC、周辺機器、家電製品など買ってみた感想や気になることなど色々

スポンサーリンク
2021.05.25

PayPalの改姓手続きと日本語表記からローマ字表記への変更


2年ほど前に両親の離婚で母親の旧姓に改姓しました。
日常生活で必要なものはすぐに改姓の手続きをしたのですが、
オンライン決済サービスのPayPalは手続きをしたいと思いつつも、必要書類がよくわからず、
サービスの利用にもエラー等が出ていなかったので先送りにしてしまっていました。

とはいえ、やはり名字が違う表示なのは違和感があるので重い腰をあげて手続きをしてみることに。
2021年5月時点での手続きの手順なので、異なる時期だと方法が違う可能性も高いです。
実際、ネットで調べていると以前はメールで問い合わせという手段があったようですが、
現在は後述もしますが、メッセージでの問い合わせになっています。

PayPalにログインしてアカウント設定から"名前の変更"をクリックすると、
"法的な名前の変更"という選択肢があるので、そこを開くと"戸籍上の氏名の更新"というページになり、
必要書類2種類のアップロードを求められます。

一つは"行政機関発行の写真付き身分証明書"で、これは免許証などで大丈夫です。
問題はもう一つの"婚姻証明書、離婚証明、名義変更証明書のいずれか"というもので、
これがよくわからずに手続きが先送りになっていました。
自分の婚姻や離婚ではないので、名義変更証明書というものが必要なのかと考えましたが、
そのような書類を聞いたことがなく…。

結論からいうと新しい名字の戸籍謄本をアップロードしたところ、問題なく名字の変更を行って頂けました。
おそらく戸籍抄本でも大丈夫だと思います。
"戸籍上の氏名の更新"というページで写真付きの身分証明書と戸籍謄本(抄本)をスマホのカメラ等で撮影したものを送信すればOKです。
ちなみに送信(手続き)後、2日程度でPayPalに登録してあるメールアドレスに通知が届き、
ログインしたところ無事に変更されていました。

ただし、いままでローマ字表記だったとしても、日本語表記(漢字等)になります。
海外のサービスなどを利用する際はローマ字表記のほうが都合が良いと思うので、
日本語表記からローマ字表記に変更してもらうには、"お問い合わせ"から"メッセージを送る"で
サポートに依頼するのですが、一見チャットのように見えるこのメッセージでの問い合わせは
ほぼほぼメールのようなもので、問い合わせを送っても返信があるのは数時間後とかでした。
返信があると登録のメールアドレスに通知が来ます。

手順としてはメッセージで日本語表記からローマ字表記に変更したいと送り、
しばらくすると返信があり、身分証明書のアップロードが必要なことと、ローマ字表記を聞かれるので、
メッセージ上でスマホのカメラ等で撮影した身分証明書をアップロードして、
変更後のローマ字表記を伝えることで、またしばらく待つと不備がなければ変更手続きが完了します。

というわけで、いろいろ不安はありましたが、思ったよりはあっさり手続きが終わって安心しました。


トップページに戻る
スポンサーリンク