まっちゃろぐ

自作PC、周辺機器、家電製品など買ってみた感想や気になることなど色々

スポンサーリンク
2021.08.21

ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 6GBを買って、初めてのマイニング


以前の記事でGeForce GTX 1650を買ったと書いたり、そのあとにGTX 1660 SUPERを買ったりしてたのですが、
どちらもしばらくして売ってしまったので、最近まで手元にグラボがありませんでした。

そんな中、またPCゲームをやりたいなと思うようになり、グラボの価格を数ヶ月チェックしてました。
しかし、マイニング需要やら半導体不足やらでかなり高騰している状態がなかなか戻らず…。

色々迷いましたが、ゲームだけじゃなくマイニングもやってみようと思い、いまの最悪のタイミングで買うことにしました。

購入したのはZOTACのGeForce RTX 2060で型番はZT-T20600H-10M。
ちなみに自分が注文した翌々日ぐらいに5000円値下がりしてたので、本当に最悪のタイミングでした。

ZOTACを選んだ理由はGTX 1660 SUPERの時に選んで、コイル鳴きやファンのノイズなどが少なく良い印象だったからです。
今回のRTX 2060もいまのところ特に問題はなさそうです。

この記事ではとりあえず初めてのマイニングについて書いていきます。

つい先日までマイニングに関する知識ゼロだったので、
参考にされる際はハッシュレートの数値ぐらいにしてください。

いまは一番有名で使い方も簡単なNiceHashのNiceHash QuickMinerを使ってます。
導入の際はノートンの警告が凄まじく、除外するのにちょっと苦労しました。

最初はMSIのAfterburnerを使って設定を弄ろうと思ったのですが、
消費電力の制限が一定より下げられなかったり、なかなかうまくいかなかったので、
Afterburnerは削除して、NiceHash QuickMinerで設定できる簡易設定で"低"を試してみたところ、
良い感じになったので現時点ではそれで運用しています。


クリックで拡大

大体の目安としては、温度が58℃~60℃、ハッシュレートが27MH/s~29MH/s、消費電力が87W~90Wぐらいです。
ファンの音は基本的には静かで、たまに数分間回転数が上がるときがある感じ。

個人的には満足していますが、メイン用途であるはずのPCゲームが、
マイニングを止めるのがなんだか勿体なくて、あんまりプレイできていません。

12月にイーサリアムの仕様変更(?)か何かで、マイニング効率が著しく落ちる可能性があるとかで、
元から自分はグラボ代まで回収しようとは思っていないので、いまグラボを買うのは全くおすすめしません!


トップページに戻る
スポンサーリンク